2016年04月11日

通信制大学と通信資格講座ではどちらで学ぶほうがよいか。

通信制大学と通信資格講座ではどちらで
学ぶほうがよいでしょうか。

学ぶのはどちらでもいいと思いますが、
実際始めようと思うと恐らく迷うでしょう。

二通りの学びの特徴は下記のようです。

通信制大学のメリットとデメリット
 大卒資格を得られます。(カリキュラムによっては大卒にならない場合もあります)
 体系的に勉強できる。
 特に目指すべき資格や興味ある分野がない場合は社会人となるために必要なことを広く学べる
 
 大学を卒業しても職業に結びつかないことがあります。
 また実際に大学に通学しなければいけない期間がある。
 卒業まで、又は資格取得まで期間が長くかかる(2年、4年)

通信制大学へお勧めの方は
大学卒業学歴があると有利な資格取得したい。
 
 教職の資格とる。
 法律を学びたい。
 経理・会計(簿記)を学びたい。
 公務員を目さしている。
 ある程度長い休みが取れる方。スクーリングや実習などのために。
 
通信資格講座にお勧めの方は
 
 司法試験などの難関資格でないものを取得したい。
 興味ある分野が決まっている方
   
 宅建や司法書士、社労士、IT技術者など職業選択に結びつけたい。
 自分のペース・自分のやり方でできる
 
 コツコツと地道に勉強できる方。
 短期間で成果を出したいと考えている方。
 どうせとるなら難関資格をと考えている方。
 

いずれの通信制にしても
 目的をしっかり保ってきちんと学ぶ習慣を早く身につけることがとても大切。
 モチベーションを保ち続けることが一番の鍵かなと思います。



広告





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。